乾燥肌から、しっとり皮膚へ

むかし私の肌は、とても乾燥していました。冬になると、こなふき芋という趣でした。各種化粧水を努めましたが、効果がありませんでしたが、 野放し植物系の化粧水にめぐりあい、それを毎日使用していました。一律、植物で作られているので、安心して扱うことができました。惜しみなく使って浸透させます。そうして、保湿も努め、スクワランのオイルと、クリームをつけることにより、すっかりその気苦労も消えました。そうして、とっておきの技術は、いつも肌を続けるのではなく、時々、化粧水も、オイルも、クリームも全く使用しないお天道様を作りました。それから、自分の元々持っている湿気やオイルを健康が出そうとするのか、とても肌が良い感じです。そうしたら乾燥していると、年とともに、シワになりやすいので、意識してしっとりお肌を保たないとなと思っています。そうして、食事も肝要ですなと思います。甘いものばかり食べてると、お肌の状況が悪く、しっとりしないのですが、やはり、野菜やくだものを多く取ると、とても状況がいいような、感じがします。外国のパーソンとそばが多いのですが、邦人は肌が小綺麗ねーとよく、褒められます。お肉よりも野菜をよく召し上がるからかなと思いました。ペアーズ登録できない?入会について教えて笑

PMSと闘うアナタ。安心してください、ここにもダメ人間居ますよ。

この記事を読んでくださってるアナタは、きっと毎月のPMSに振り回され、「なんで毎月こんな気持ちになるんだろう…なんで女に生まれてしまったんだろう…」と、悲しみ・イライラで涙を溢れさせながら、ネットにすがってるんじゃないでしょうか?私はそうでした…。

「とにかく明るい」と言われている私も、生理の前は本当にダメです。ダメダメ人間と化します。(普段もそんなに真面目じゃないんですけどね。)
いつもは楽しく取り組んでいる家事も一切放棄、仕事はうっかりミスを起こさないよう集中するだけが精一杯、元気が無く暗ーい顔してるくせに食欲は旺盛旺盛。

一言にPMSと言っても、症状は様々なところもやっかいですよね。
私は精神的な落ち込み(とにかく暗い)、イライラが激しい(それはもう火山のように)が主な症状で、生理痛・頭痛・貧血など一般的に起こりやすいと言われる身体症状は皆無なのです。

「なるべくストレスを避けることでPMS症状も軽減…」とはよく聞くことですが、仕事をしている女性なら職場で受けるストレスを回避することは難しいですし、家庭内のストレスもそれは計り知れないことでしょう…。(私は独身なので、主婦の方のご苦労を思うと頭が下がります。私には無理だ。)

しかし!このままじゃ生き辛い。生き辛すぎる!!と思い、初めて婦人科のドアを叩きました。…ウィーン…(自動ドア!)

だって、なかなか勇気要るじゃないですか。妊娠もしてない、私の場合は生理自体はまあ順調。精神的な落ち込みは確かに辛いけど、それって婦人科でいいの?心療内科に行けって言われない?etcetc…。
と、待合室で頭の中をぐるぐるさせていたら、あっという間に呼ばれ、診察室へ。

今まで辛かったことをすべて、洗いざらいお話しました。(先生:そんなこと僕に言われても…っていう内容もあったかもしれない)
すると漢方手帳を取り出す先生。
「うーん、典型的なPMSですね。辛かったでしょう?体質的にはこれが合うかと思います。ちょっと苦いけどね。一か月、飲んでみましょう!」

仏様ーーー!!!!

という訳で、「加味逍遥散」という漢方薬を飲み始めておよそ2週間。まだまだ様子見なところですが、
なんとなく、気分がすっきりしてきた気がするのです。同じ悩みを持っている人が沢山いるんだ、みんな頑張ってるんだ…と思えたことも大きいのかもしれません。
一人で思い悩んでいるアナタにも、何とかちょっとだけ勇気を出して、婦人科のドアを叩いてほしい。コンコン…(ドア!)

フルアクレフエッセンスの口コミがすごいらしい

PMS対策をやっています

20代になった頃から、生理前に不快な症状を感じるようになりました。いわゆる、月経前症候群です。よく、PMSと言われて、雑誌やテレビでも特集されていますよね。
PMSの症状としては、イライラしたり、情緒不安定になるといった精神的な症状がまず挙げられます。また、身体的な症状としては、肌荒れ、腹痛、腰痛、頭痛などがあります。
どの症状がどの程度出るかは、個人差があります。まったく感じない人もいますし、仕事に行くのがつらいほど重い人もいます。
私の場合は、イライラしやすいこと、便秘、肌荒れ、不眠があります。この症状が出てくると「あ、生理がくるな」ということがわかります。
仕方ないとわかっていても少しでも快適に生理前を過ごしたいので、PMS対策をいくつかおこなっています。
まず、大切なのは体を冷やさないことです。
夏でも靴下・腹巻きをしますし、職場ではブランケットをかけています。入浴は欠かしません。入浴の際にリラックス効果のある香りの入浴剤を入れると、イライラ予防にもなりますよ。
また、冷たい飲み物は避け、ショウガや根菜類、あたたかいスープを意識的に摂取します。
そして、きつい運動など無理はしないことです。生理前の運動は、ヨガにとどめています。ヨガの呼吸法は、リラックスにもつながるのでおすすめです。夜も早めに就寝し、体を休めています。
自身の対策で乗り切れない場合は、お医者さんに診てもらった方が良いです。体に優しい漢方薬もありますので、相談してみてください。銀行カードローンの審査が甘い噂が気になる

ボーナスで撃沈

先日、主人の夏のボーナスが出ました。「業績悪いからたぶん前より低くなるよ」と主人から聞いていましたが、内心、いくらかな~、何かおいしいもの食べようかな~とわくわくしていたんです。で、実際ふたを開けてみたら・・・がーん、、、本当に低い。低すぎる。主人と明細を2度見しました。新卒者の初任給くらいの金額じゃありませんか!年々少しづつ下がってはいましたが、これまではまぁまぁの額でした。でも今回は、比べ物にならないくらい急激に下がっていたんです。あまりにビックリして、主人と二人で「えー!!?」と大声を出して、床に崩れ落ちました(笑)。主人も相当がっかりしていたので、私は笑って「こういうこともあるよね~」と明るく接しましたが、やはりかなりのショックです。家のローンのボーナス払いもあるし、固定資産税の支払いもあるし、本当にちょっとしか残りませんでした。それらはもちろん全て貯金。ニュースで見たサラリーマンのボーナス平均額は、我が家からしたらとてつもなく高額です。あんなにもらえるなんて本当にうらやましい!ボーナス自体出ない方もいるので、もらえるだけありがたいと思わなければいけないのですが、結構頼りにしているボーナスだったので今後もこんな感じだと困ってしまいます。ボーナスくらい、わくわくさせてよ~。みずほ銀行カードローンの審査が甘いらしい

お金が減るばかり…

先月、精神疾患のため、仕事を退職しました。とにかく仕事から離れたい一心で休職ではなく、退職という選択をとりましたが、雇用保険に入っている時期が足りなかったりして、失業手当がもらえないことが辞めた後にわかりました。国民保険料、年金、精神科への通院代、薬代、携帯代、食費などの生活費など、収入はなくても、お金は毎月たくさん減っていきます。減る一方で、増えることがなく、このまま貯金が底をついたらどうしようかと不安に思う毎日です。まだ、再就職するだけの体力がないので、仕事も主治医から止められており、どうしたらお金が手に入るか毎日考えています。この前、一獲千金を狙おうと、宝くじを買ってみましたが、やはり当たりませんでした。また宝くじを買って、夢を見ようか、それとも宝くじを買うお金を食費に回そうか…悩みどころです。金欠で不安を感じるときに限って、シャンプーや化粧水などの必需品がなくなりかけて、買わなきゃいけなくなり、出費が増えてしまいます。いざという時のために、もっと無駄遣いをせずに貯金をしておけばよかったなと思いますが、窮地に立った今それを思っても、今さら遅いです。もし今度再就職できたときには、いざというときに困らないように無駄遣いをせずに毎月少しずつお金を貯めておきたいと思います。プロミス審査甘い口コミはホント?【審査通るコツはここで】

お金がいくらあれば生活できるのか考えています

サラリーマン生活もあと数年で一応区切りになることから、今後の生活にお金がいくらあれば必要なのか考え始めています。いままでは定期的に給料が振り込まれていたのでそれにあわせて生活費を捻出すればよかったのですが、仮に収入がゼロになれば貯金を切り崩すしかありません。
年金もフルにもらうためには65歳まで待つ必要があり、60歳からの5年間をどうやりくりするのかが当面の問題になります。会社では再雇用制度もあるので給料は減りますが、一定の金額は確保できます。ただい体力的な面と仕事を続けたいという意思が果たしてあるのかが重要になってきます。
定年の頃には子供も社会人になっている予定なので、教育費は必要ないので少し楽にはなります。
妻は働き続けてほしいみたいですが、働くにはお金を必要とする理由がないと気力がわいてきません。もともと普段から自分のお小遣いは月3万円あればガソリン代や交通費含めて賄える金額です。ケチといわれるほどお金を使うことを考える性格なので人と比べても消費していないと思っています。
妻も贅沢をしないタイプなので、そこそこの生活費があれば大丈夫な気もしていますが、家にいてごろごろしていても暇をもてあましてしまうほうが危険です。
定年まで数年あるので気長に考えようと思っています。http://cashing-college.net/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E7%94%98%E3%81%84.html

12年目の恐怖

先日、東京都内に住む高校時代の友人から久しぶりに連絡が来て、たまにはお茶でもしながらおしゃべりしようということになり、お互いの休日に合わせてカフェで待ち合わせました。数年ぶりに会う友人は元気そうでしたが、少し痩せたかなという印象。ちょっと気になったので「何かあったの?」と話を聞いてみると、12年前に35年ローンで買った自宅の水回りを中心としたあちらこちらに傷みが出てきて、毎月何かしらの修理でお金が飛ぶようになくなっていくというのです。しかも、新築で家を買った際に、テレビや電子レンジなどの電化製品もすべて新しく買い替えたものだから、そちらも同時に経年劣化による故障が相次ぎ買い替えで出費は膨らみ、さらに、子供たちが大学受験と高校受験を控えていて塾代もばかにならないとの話。現在は全く貯蓄が出来ていなくて自分たちの老後のためのお金をどうしようかと頭を抱える日々なのだそう。幸い友人のご両親は今のところ元気に生活出来ているそうで、介護の必要もないとのことですが、多分近い将来、介護のために離職も考えなければならないだろうとの話に、前日から楽しみにしていた友人とのお茶の時間がものすごく重い空気になってしまいました。
思い起こせば12年前、新築祝いにお呼ばれして、新築の家と新しい電化製品、かわいい子供たちに嫉妬するほどうらやましく思えたあの日がなんだか切なく思えました。あの時幸せオーラ全開だった友人はこのような未来が待っているとは思いもしなかったのだろうなと思うと、とても他人事とは思えず悠長に構えている場合ではない事に気付き、とにかく節約して1円でも多く貯蓄して将来に備えようと強く心に誓いました。

モビット審査甘い口コミはホント?【審査通るコツはここで】