PMS対策をやっています

20代になった頃から、生理前に不快な症状を感じるようになりました。いわゆる、月経前症候群です。よく、PMSと言われて、雑誌やテレビでも特集されていますよね。
PMSの症状としては、イライラしたり、情緒不安定になるといった精神的な症状がまず挙げられます。また、身体的な症状としては、肌荒れ、腹痛、腰痛、頭痛などがあります。
どの症状がどの程度出るかは、個人差があります。まったく感じない人もいますし、仕事に行くのがつらいほど重い人もいます。
私の場合は、イライラしやすいこと、便秘、肌荒れ、不眠があります。この症状が出てくると「あ、生理がくるな」ということがわかります。
仕方ないとわかっていても少しでも快適に生理前を過ごしたいので、PMS対策をいくつかおこなっています。
まず、大切なのは体を冷やさないことです。
夏でも靴下・腹巻きをしますし、職場ではブランケットをかけています。入浴は欠かしません。入浴の際にリラックス効果のある香りの入浴剤を入れると、イライラ予防にもなりますよ。
また、冷たい飲み物は避け、ショウガや根菜類、あたたかいスープを意識的に摂取します。
そして、きつい運動など無理はしないことです。生理前の運動は、ヨガにとどめています。ヨガの呼吸法は、リラックスにもつながるのでおすすめです。夜も早めに就寝し、体を休めています。
自身の対策で乗り切れない場合は、お医者さんに診てもらった方が良いです。体に優しい漢方薬もありますので、相談してみてください。銀行カードローンの審査が甘い噂が気になる